ハウジングについて

2020年6月30日

Aeternumであなたの場所を作る:プレーヤーの住宅

プレイヤーハウジングは、エキサイティングなNEW WORLDへの最近の追加です。この非常に要望の多かった機能は、プレーヤーにAeternum全体の家を取得してパーソナライズする機会を提供します。プレイヤーには、世界にルーツがあるように感じ、脅威と予測不可能な土地で安心感と安定感を感じてもらいたいです。

 居住地とガバナンスの記事をまだ読んでないのでしたら最初にそれをチェックしてみてください。この記事内容がより理解できると思います。 

居住地の住宅101

Aeternumでは、すべての集落にさまざまな家があります。複数のプレーヤーが同じ物理的な家の場所を取得できますが、他のプレーヤーの家を訪問しない限り、自分の資産と装飾のみを表示できます。ゲストと一緒に家で時間を過ごしたい場合、私たちの家は5人の完全なプレーヤーグループをサポートします。誰かがあなたの家を訪問するためにあなたがする必要があるのは、彼らをあなたと一緒にグループに入れることだけです。

家を購入する資格を得るためには、まずその居住地の領土内で自分の地位を上げる必要があります。住みたい地域での地位を上げるには、クリーチャーの殺害、派閥ミッションの完了、タウンプロジェクトでの作業、アイテムの作成など、その地域の日常活動に参加することが重要です。

十分に高いスタンディングレベルに達し、キャラクターがレベル20に達したら、そのテリトリーの住居に家を置く権利をアンロックできます。複数の家が必要な場合は、それも可能です。テリトリーで家を取得するための要件を満たしていて、最大数の家がまだない場合は、別の家を取得できます。

住宅の多様性

家のサイズ、機能、コストはさまざまです。町の中心部を見下ろす家もあれば、集落の壁の素晴らしい景色を望むバルコニー付きの家もあります。一部の家には装飾用の外部エリアがありますが、他の家は単にフロントまたはバックポーチを備えています。各集落でさまざまな場所とスタイルから選択できます。

またエリアによって固有の家のデザインや間取りなど、その地独自の美学を持っています。

あなたの家をパーソナライズ

新しい家に落ち着いたら、スペースをパーソナライズできます。私たちはカスタマイズするための何百ものアイテムを追加しました。

テーブルや椅子から装飾的な庭の植物やぶら下がっているブドウまで、あらゆるものがあなたの好みを反映するのに役立ちます。

家具や装飾品はプレイヤーが作成したり購入することができますが、他のアイテムは世界を探索して見つける必要があります。
Aeternumでの冒険では、ペットを見つけて持ち帰ることもできます。

ハウスキーピング

家を購入したら、それを維持するために家に小さな固定資産税を支払う必要があります。この固定資産税は、居住地の管理会社に支払われます。固定資産税を支払わなくても家から追い出されるわけではありませんが、ハウスリコールやトロフィーバフなどのメカニズムが機能しなくなります。さらに、固定資産税が支払われていない間も装飾された家を訪れることはできますが、装飾を再配置することはできません。

ハウス所有による特典

ハウスを取得すると、それをリコールポイントとして使用できるようになります。Aeternumは広大で危険な場所であり、遠く離れた場所から一瞬で自宅に戻れる能力は強力なものです。リコール機能に加えて、家のディスプレイに配置されたときにキャラクターにバフを与える強力な魔法の装飾(トロフィー)を作成することが可能です。これらのトロフィーは、特定の種類の敵との戦闘に有利にしたり、クラフト能力を向上させたりすることができます。ただし、各家に一度に表示できるトロフィーは非常に多くあるため、冒険で得たいバフを整理し検討する必要があります。

社会的利益もあります。集落を通過すると、他のプレイヤーが装飾した家を見ることができます。デフォルトで他のプレイヤーが見るホームを決定するために、舞台裏での競争があります。あなたの家を巧みに飾り、たくさんのテリトリースタンディングを稼ぐことで、家を持っていない居住地を通過したすべての人にあなたの家を見せびらかすことができます。

あなたはハウジングメニューを通してあなたと同じ家を持つ他のプレーヤーに対し現在自分がどのランクなのかを知ることが出来ます。

コミュニティの構築

プレイヤーが居住地で家を持つと、同盟国、熟練した製作者、冒険パートナー、さらには敵対者のコミュニティーに参加することもあるでしょう。

プレイヤーは、Aeternumにある自分の家を家具や装飾品、ペット、トロフィーを使って、自分に様々な恩恵をを与える家になるよう投資できます。

プレイヤーの家は、エキサイティングな冒険の後に疲れを癒やす場所としてだけでなく、友人と共有して他の人に自慢する場所としても、皆さんにとって特別なものになることを願っています。

未分類

Posted by ponz